So-net無料ブログ作成

スピリット 映画 あらすじ Spirit

スポンサーリンク




『スピリット 映画 あらすじ Spirit』

解説:
55daefddac3fcf910aee8fea555a23fc.jpg
『HERO』『LOVERS』を手がけたプロデューサーのビル・コンが、『HERO』に続きジェット・リーとのコラボレーションで放つアクション巨編。実在したマーシャル・アーツの伝説的人物をモデルに、格闘技の師匠だった父の跡を歩もうとする男の生きざまを描く。孤独な主人公をリーが全身全霊の力で大熱演するほか、相手役には日本から人気俳優の中村獅童が参戦。マーシャル・アーツの精神を、闘いで表現する彼らの挌闘シーンの迫力に圧倒される。



ジェット・リーが伝説に彩られた実在の武術家フォ・ユァンジャに扮し、入魂の演技で魅せる。最愛の家族を襲う悲劇など、フィクションをまじえた物語は少々作りすぎ。だが、ジェット・リーの熱演で、いつしか感情を揺さぶられてしまう。真の強さとは何か? それを見いだしていく精神的な成長を、目の表情や佇まい、闘い方で見事に表現している。  中盤、フォを失意の底に突き落とす料亭での武術家との闘い。ジェット・リーは、まさに野獣と化し、破壊の限りを見せる。しかし、中国人に誇りと勇気を取り戻させるため、海外の猛者たちと順に闘う後半は、様相が一変。巨漢レスラーやフェンシングの達人らと対戦し、見たこともない異種格闘技戦の醍醐味をスリリングに楽しませてくれるが、相手への敬意も伝わってきて胸を打つ。列強の権力者たちは悪人に、だが、対戦者はみな勝者を称える勇者として描いている点も好感がもてる。  なかでも最強の敵として現れる日本人の田中安野(中村獅堂)との死闘は、壮絶なうえに感動的。三連のヌンチャクと日本刀の対戦など、斬新かつ息詰まる闘いが繰り広げられるが、誇り高き侍として田中が描かれ、深い感銘を受ける。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。